頚椎捻挫の治療期間がどれくらいかお伝えします。

とは言っても症状によって大きく異なります。

捻挫の治療期間

頚椎捻挫の治療期間 軽傷

例えば、医者から全治14日と言われたとします。

大抵の場合は1か月以内で症状が改善されることがほとんどです。

しかし中には、頭痛、不眠、吐き気が残る人がいます。

 

その方は、医者から全治14日と言われていても、治療期間が1~3か月程度まで伸びることもあります。

複合的に症状が出てくるので、要注意です。

 

受傷したあとでも2週間くらいして痛みや痺れが出てくることもあります。

軽傷だからと言って治療期間が短いというワケではありません。

軽傷と診断されても、実際は1~3か月程度に伸びることが多いです。

Sponsored Links

頚椎捻挫の治療期間 中傷

この場合は首を固定する必要が出てきます。

そのまま数週間様子をみることも、しばしば。

その場合は、治療期間も長引きます。

症状が全回復するまでには、半年以上かかることが多いです。

 

場合によっては、入院の可能性もないとはいいません。

この中傷の場合は、より治療の経過を注視する必要があります。

後遺症として、めまい、頭痛などの自律神経系の症状が残る場合もあります。

 

治療期間はケースバイケース。

半年程度で治る人もいれば、1年以上もかかる人もいます。

本当に人それぞれとなっているので、この期間で完治するとは言えません。

頚椎捻挫の治療期間 重症

即刻、入院や手術が必要になります。

神経系を損傷していれば、損傷した箇所で不随箇所が分かります。

一生後遺症と暮らしていくことも考えられます。

まとめ

結局のところ、それぞれのケースで期間が異なります

よく言われるのが治療開始から半年ほどで、改善具合が固定化されるということです。

それ以上、リハビリを続けても効果がないとされる期間です。

全くリハビリ開始時より良くないのであれば、その症状が固定化される可能性が高まります。

 

しかし、リハビリを行っていくことで良くなる人が大半です。

しっかりと治療にあたることをおススメします。

Sponsored Links