足首の捻挫を自力で早く治すには、直後の処理が重要となります。一般的にRICEと呼ばれる応急処置を行い、損傷した靱帯を保護して出来るだけ動かさないようにすることが大切です。

 

RICEとはR=安静、I=冷却、C=圧迫、E=拳上の頭文字をとった呼び方で頭文字に沿った手順で応急処置を行っていきます。異変を感じたら無理に患部を動かしたり体重をかけると悪化する可能性があるため、出来るだけ安静にし、保冷剤などを使用して患部を冷やし内出血や炎症を抑えます。

 

保冷剤は直接当てずにタオルなどで包んで当てるようにしましょう。よく冷やしたら腫れや出血を防ぐためにテーピングや包帯を使用して患部を圧迫し、クッションやまくらを用いて患部を心臓より高く挙げるようにしましょう。

 

このRICEと呼ばれる処置をいかに早く行うかで治り方が左右すると言われています。応急処置と共に治癒を妨害しないためにも、テーピングなどで損傷した靱帯を保護するようにしましょう。RICEについてはこちらで詳しくまとまています。

Sponsored Links

早く治すには温めることも効果的?

足首を捻挫してから数日が経ち、患部の炎症が引いてきたら早く治すためにも今度は患部を温めるようにしましょう。患部を冷却している間は冷却することで血液の流れが低下していたため、その間栄養分などが送られていない状態になります。

炎症が引き患部を温めていくことで血流が良くなり、治癒を早める効果があると言われています。具体的な方法としてはお風呂に入って温めたり、温湿布を貼るのも良いでしょう。

 

患部を温めたりお風呂に入ったときに患部がズキズキを鋳編む場合は、まだ炎症が引いていないということになるので再び冷却するようにしましょう。温めたほうがいいのか冷やした方がいいのか判断するポイントとしては、患部が熱を持っているかどうかで判断すると良いでしょう。

 

順番を間違えてしまうと症状が悪化する場合があるため注意するようにしましょう。また患部を温めるという方法以外にも治癒を早めるために十分な睡眠を取ったり、バランスの良い食生活を送ることも重要になってくるため、治癒を早めるためにも日頃の生活習慣の見直しをしてみるのも良いでしょう。

足首のツボを押すことで治療効果あり?

足首の捻挫を早く治す方法としてツボを押すということも治療効果があると言われています。刺激を行うのは患部の腫れが引いてからのほうが良いので、様子を良くみて行うようにしましょう。

効果的とされているのは外くるぶしの前斜め下にある丘墟と呼ばれるくぼみです。5秒間を目安に親指を使ってギューっと5回ほど刺激しましょう。

丘墟

また、申脈と呼ばれる場所も効果的と言われています。申脈の場所は外くるぶしの1番高いところからすぐ下りたところにあるくぼみで、ここも親指を使って5秒ほど押して行きましょう。目安は5回です。

膝の外側にある陽陵泉と呼ばれる場所も効果的といわれています。刺激することで足全体の血流が良くなるため足の疲れや痛み全般にも効果が期待できるでしょう。

患部の腫れが引いたけれど痛みがなかなか引かないというときに、これらの箇所を刺激してみると良いですね。足首の捻挫をした直後に刺激をしてしまうと血流が良くなり逆効果になるため、行うのは患部の腫れが引いてからにしましょう。場所を選ばずに手軽に行うことができるのでぜひトライしてみましょう。

Sponsored Links