サッカーで捻挫することは

良くある話だと思います。

 

あれほど接触プレーが多く、

ピッチを駆けめぐるスポーツのため

足首のトラブルはつきものですね。

 

子どもであっても大人であっても

捻挫を予防する努力は必要です。

 

どんなことに気を付ければいいのか

どんな対策があるのか、しっかりと

理解することが重要になります。

 

予防するにはどうしたらいいか?

という視点でまとめていきます。

Sponsored Links

サッカーで子どもが捻挫した!予防に必要なことは?

基本的に捻挫の予防は2つの方法が

有効的ですね。足首の筋力アップ、

またサポーターなどでケアすること。

 

この2つを挙げることができます。

それぞれをみていきましょう。

足首の筋力アップ

足首の捻挫は筋力アップすることで

防ぐことが可能だと言われています。

絶対に防げる方法はないため過度な

期待はしないでくださいね。

 

どんなに予防していても捻挫する時は

捻挫してしまいます。

過度な力が足首に加わると

どうすることもできません。

 

その力に対抗するためには筋力を付ける

これが手っ取り早いです。

ただし、やることはかなり地味なことです。

 

捻挫後は患部を休ませている分、ある程度

筋力が落ちていることが考えらえれます。

つまりリハビリを行うことで筋力を補い

さらに強い足首へトレーニングします。

 

トレーニング方法としては地味ですが

つま先立ちしたり、指でタオルを

引き寄せたりというような内容です。

リハビリ内容はこちらでまとめました。

⇒足首のリハビリ方法とは?

 

こちらのリハビリを行いつつプレー

するときにはさらにサポーターの

力を借りる必要もあります。

サポーターで足首を補強して捻挫を軽減!

このサポーターに関しても

かなり重要な要素になります。

 

捻挫の治りたての頃は患部が

それほど強くないために補強する

という考えでサポーターが必要です。

 

スポーツのサポーターとしては

ZAMST(ザムスト)と言われる

スポーツサポーター専門メーカーが

おすすめですね。

⇒ZAMST足首サポーター

 

またサポーターではなくても、

インソールは必ず使うようにしましょう。

もともとインソールが入っているから

いいや!という人もおおいですが、

そのインソールは粗悪というかあなたに

合ってるインソールではないはずです。

 

万人向けに作られた低予算で

作られたインソールになります。

しっかりと体のバランス整えたい!

そんな人にはしっかり考えられて

制作されたモノをおすすめします。


このインソールのように骨格から

考えられて作成されたインソールが

市販のスパイクにしようされているか?

と考えた時に採算が合うわけがないと

いうことが分かるでしょう。

 

怪我を予防するという意味では

かなり有効な方法だと感じています。

さいごに。

捻挫すると確実に靭帯になにかしらの

影響が現れます。

捻挫の度合いにもよりますがその後の

応急処置が大切です。

 

捻挫が治癒していも油断することなく

サポーターやインソールなど怪我を

防ぐという考え方を忘れないでください。

小さなことかもしれませんが、

とても重要なことです。

Sponsored Links