捻挫は運動には付き物なので多くのスポーツ選手を悩ませています。歩く度にズキズキと痛むのでなかなか痛みが引かないイメージがあるかもしれませんが、その応急処置次第では早く治すことも可能です。

捻挫の根本的な症状は足首の炎症です。この炎症をいかに静めるかが重要となっています。まずは炎症が発生している患部を冷やします。

 

氷水を使用することが理想的ですが、即座に用意できなければ流水でも問題ありません。しかし、ずっと冷やしっぱなしでは凍傷の恐れがあるので、10分程度冷やしたら一旦ストップして、3分後に再開するといった方法が良いとされています。

 

冷やした後は患部をテーピングなどで固め、敢えて血流を悪くします。血流が活発であればあるほど症状が悪化してしまうからです。

もちろん、血流を悪くし過ぎると体に良くないのでほどほどに固めることが大切です。少し足首を高い位置に乗せておくことも炎症を食い止めるためには有効な手段です。

Sponsored Links

足首捻挫のマッサージ方法は?

捻挫した時には丁寧なマッサージをすることも早く治すことに繋がります。しかし、やり過ぎてしまうと血流が良くなり、逆に炎症が進んでしまうこともあるので注意が必要です。

足首を柔らかく揉み解すことが大切です。少し痛みを感じる程度に揉んでいきます。軽く揉んでいるだけで強い痛みを感じる場合は症状が重い可能性があるので、医師や柔術師の診断を受けることをお勧めします。

 

足首をマッサージしていくと患部が温かくなっていくことがあります。これは手の体温と揉み解しによって温まっている証拠です。血流は炎症を進める要素でもあるので、揉み解しと冷却を交互に行い、患部がそれほど温かくならないように注意しておきましょう。

 

また、揉み解しが終わった後は再びテーピングなどで固定しておく必要があります。揉み解す時は足を無理に動かさずに手だけを動かすことが大切です。

解す際には力の入れ具合がなかなか難しいので可能であれば専門の柔術師に行ってもらうことをお勧めします。一度の怪我で何度か施術を受けるだけでも症状の治り方が大きく変わってきます。

食べ物や食事にも気をつけよう!

足首の捻挫は基本的に自然治癒力で治していくため、食生活に気を付けることで早く治すことが可能です。特に良い影響を与える成分としてジアスターゼがあります。

ジアスターゼとは大根などに含まれている成分であり、白血球などの細胞を活性化してくれる働きがあります。この成分は様々な体の怪我に対して効果を発揮してくれます。

 

他にも良質なタンパク質を食事によって摂取することが有効です。良質なタンパク質は鶏肉などの食べ物に含まれています。タンパク質は細胞を作るために欠かせない成分です。そこに長芋などを取り入れるとタンパク質を分解しやすくなるので、さらに効果が高まります

 

他にも大豆には大豆イソフラボンという成分が含まれていて、この成分は細胞を酸化から守ってくれる働きがあります。細胞の酸化は捻挫の回復を妨げることがあるため、大豆イソフラボンによって酸化をブロックすることは非常に有効と言えます。

イソフラボンをさらに効率的に補うためには小林製薬さんのエクオール捻挫に効果的がさらに効果的です。今なら半額で購入が可能のようですね。

 

大前提として、それらの成分がスムーズに働くためには体の疲労を取っておくことが大切です。睡眠時間をしっかりと確保することも怪我を早く治すために重要と言えます。しっかりと寝ることで自己治癒力を高め、怪我の治りを早める食事を意識していきましょう!

Sponsored Links