足首捻挫を処置

足首の捻挫を早期に完治させるには、応急処置が大切になります。

早く治すには、腫れや痛みを最小限に留めることが大切です!!

最小限に留めるには、正しい応急処置を行うことに尽きます。

正しい応急処置を行うかで、捻挫が完治する期間が変わってきます。

応急処置のRICE法をしっかり行いましょう。

⇒ RICE法についてはこちら

 足首のセルフケアでの注意点

1.冷やす時期・温める時期の見極め

  • 炎症がる時は冷やす
  • 炎症が治まったら温める

捻挫の治療法は急性期(捻挫特技から数日)と慢性期(捻挫の腫れが引いてきて)があります。

それぞれで治療法が異なります。

腫れや痛みがある場合は、炎症があるので冷やしましょう。

お風呂やカイロ等で温めることは避けてください。

 

血流が良くなると、患部の腫れがひどくなることがあります。

腫れが引いて落ち着いたら、カイロで温めたり、お風呂でマッサージを行いましょう。

マッサージが大切なるのでしっかり行いましょう。

整骨院などで診てもらい、マッサージの方法を教わるのも良いと思います。

2.無理に歩かない

足をくじいた場合は、基本的には歩かないほうが良いです。

しかし、生活する上で歩かないことには何も出来ませんね。

その際には、サポーターやテーピングを施しましょう。

サポーターについてはこちらで紹介しています。

 

また、足がかなり痛むのに無理やり歩いている人がいると思います。

これはとても危険なことで、治りも遅くなり、捻挫がクセになる場合が多いです。

また、関節がグラつく可能性も大いにありえます。

しっかりと医者の話を聞いて完治をさせましょう。

間違った処置では、治るものも治らず、クセが残る場合があるので注意しましょう。

足首捻挫のメニュー

・足首の捻挫の治療

・足首の捻挫応急処置

・足首の捻挫の完治期間とは

・足首のテーピングについて

・足首のおススメサポーター

Sponsored Links