ZAMST(ザムスト)  A2-DX

ザムストの足首サポーターの中で最もサポート力が強力です。

足首の捻挫でけでなく、腓骨骨折後のリハビリにも使えます。

 

プレートにより固定されるので、かなり足首が支えられている感じを受けると思います。

軽い捻挫で使うことはおすすめしません。

重度の捻挫から復帰直後の時期に使うことが多くなると思います。

サイズ

ZAMSTのサイズ表

購入はこちらから

ZAMST(ザムスト)  A2-DX (右足首用) - S M L LL

ZAMST(ザムスト)  A2-DX (左足首用) - S M L LL

ZAMST(ザムスト)  A1

A2よりもホールド感が少ないものです。

しかしサポートされている感じは強く感じます。

 

激しい動きのスポーツであれば、このA1がいいでしょう。

装着するのもA2に比べると、すぐに装着できます。

捻挫癖がついている人はこちらのサポーターをつけましょう。

捻挫の問題が解消されます。

サイズ表

ZAMST-A1サイズ表

購入はこちらから

ZAMST(ザムスト)  A1 (右足首用) - S M L LL

ZAMST(ザムスト)  A1 (左足首用) - S M L LL

ZAMST(ザムスト)  A1ショート

A1では、ホールド感強く動きにくいと思った方はコチラを試してみましょう。

足首の捻挫には不安があるかたはA1で。

サイズ表

ZAMST(ザムスト)のA1ショートサイズ表

購入はこちらから

ZAMST(ザムスト)  A1ショート (右足首用) - S M L LL

ZAMST(ザムスト)  A1ショート (左足首用) - S M L LL

サポーターの選び方

捻挫に対する足首のサポータには、用途がそれぞれ異なります。

基本的には、捻挫の症状が重ければ、しっかり固定できるA2-DXになってきます。

 

つまりは、自分の捻挫の度合いにあったサポーターを選んだ方が良いということです。

病院でレントゲンを撮っていろいろ診察してもらって1万円支払うよりは、サポーターを購入してセルフケアで専念する方が治療への近道かもしれません。

 

セルフケアについては、「捻挫について」のセルフケアの項目を参考にしてください。

サポーターがあることで安心感があります。

足首の捻挫サポーター

捻挫のサポーターには多くの種類があります。

各メーカーが様々な物を販売しています。

 

その中でも私がおすすめするのが、ZAMST(ザムスト)です。

様々な方が使用していてとても口コミの良いサポーターのメーカーになります。

関連記事

足首捻挫 テーピング外反の巻き方とは??

足首捻挫の後遺症とは??

足首捻挫のテーピングを簡単にしよう!!

Sponsored Links