足首のくるぶしが痛い。ただ歩くだけでもままならない、どんなケガをしてしまったのだろうと不安になりますね。運動した、歩き過ぎた。そんな翌日に痛むとなおさらです。くるぶしが痛むことは、日常生活においてあまりありませんから。

 

そんなとき考えられる原因としては腱鞘炎、もしくは有痛性外脛骨の可能性が高いでしょう。腱鞘炎と聞くと手首で起きるものだと思いがちです。実は手首だけの症状ではありません。

Sponsored Links

くるぶしの痛みは腱鞘炎か?

くるぶしが痛いときは、まず腱鞘炎を疑いましょう。腱鞘炎とは、関節を使い過ぎたときに起こる関節痛のことをいいます。足首の腱鞘炎の原因は、固い地面を歩き続けたり、サイズの合わない靴で無理して歩いたり。足が圧迫されてことで発症することが多いです。

有痛性外脛骨ってなに?

中足部のスポーツ傷害の中でも比較的良く見られます。外脛骨は、足の内側にあるいらない骨です。人間が進化していく際に不必要になった骨は体にいくつか存在しています。

そのため通常15%くらいの人には存在しています。あればなんだ?ということですが、あっても本当に意味をなさないです。痛みなどの症状がなければ特に問題ありません。放っておけばいいでしょう。

 

通常であれば痛みはないのですが、外脛骨が原因で痛みを伴う人がいます。早く治したいという場合は、やはり早めに行病院を受診しましょう。主に運動量が活発になる高校生のときに発症する人が多いです。

 

骨の成長が止まるとされている15歳から17歳くらいに1時的に痛みがでることも。しかし、自然に治ってしまうことも多いです。痛みが引かなくてどうしようもない時は病院で診察を受けることをおすすめします。

捻挫を早く治すためのくるぶしマッサージは?

セルフケアでできる捻挫のくるぶしマッサージは、捻挫の腫れが引いてから行います。効果的なのは、お風呂で行うことです。血流がよく流れるので血の巡りが良くなり、治癒能力が向上します。

マッサージの方法は、患部をもみほぐすように行いましょう。痛みがあるようであれば、無理をしないように。血流をよくするイメージを持ってゆっくりともみほぐしましょう。

本来であれば、柔道整復師や整体師にマッサージ方法を学ぶことが理想的です。

こんな記事も読まれています。

足首捻挫の腫れを処置しよう!腫れの原因は内出血か?

捻挫が治らない!早く治す方法は?

捻挫を早く治す食べ物とは?生活リズムも注意すべき!

手首捻挫の応急処置はRICEが重要!癖になってるか?

Sponsored Links