お風呂

日常生活やスポーツによる捻挫は予防することが可能です。捻挫は日常生活はもちろん、スポーツをする際にはパフォーマンスへかなり影響されます。事前に捻挫を予防することがとても重要になります。

Sponsored Links

スポーツの捻挫予防

お風呂

1.運動前には絶対にウォーミングアップ

急に運動を始めると体が動く準備ができていないので、怪我をしやすいです。あるスポーツ番組で、サッカー日本代表の長友選手が25メートルを本気でダッシュをするという場面がありました。

25メートルを1本だけ走るために、長友選手は20分かけてストレッチウォーミングアップを入念に行いました。日頃、体を鍛えている長友選手ですら、十分な準備をしています。

 

たった25メートル走るためにです。私たち一般人が、いきなり運動を始める危険さが分かるかと思います。鍛えられたトッププロが入念に行うのに、体ができていないアマチュアがウォームアップしないことは無謀すぎです。

十分に体をほぐして筋肉と関節の緊張を解きましょう。特に捻挫をしやすい手首や足首などは入念に行う必要があります。

2.サポーターやテーピングを上手く使おう

世界柔道などで柔道選手の手に注目してみましょう。指先、手首にテーピングが巻いてある選手がいると思います。一流選手であっても怪我をしないように予防をしています。テーピングを施すことで患部を補強していますね。

3.自分にあった道具をつかうこと

道具が自分にあっていないと、怪我する原因になります。足首の捻挫の場合は、靴があっていない場合があります。靴というよりは、インソールが大切になると私は考えています。スポーツ用のインソールを使用することをおすすめします。

お風呂

 SUPERfeet

こちらは、スノーボードの世界チャンピオンショーン・ホワイトが使用しているものです。スノーボードだけでなく、様々なスポーツや普段履いている靴にも合わせることができます。管理人は愛用しています。SUPERfeetのホームページをリンクしておきます。

日常の捻挫予防

お風呂

軽度の捻挫をしてしまった場合は、そのあとの予防が大切です。普段、運動不足な方は、関節や筋肉の可動範囲が狭くなっていることがあります。

お風呂中やお風呂後のストレッチ

お風呂やお風呂後に体が温まったらストレッチをしよう。ストレッチで固まっていた関節や筋肉をほぐすことができます。捻挫をしていた患部をマッサージすることも有効な方法となります。

ストレッチには、怪我の予防だけでなく、ダイエット効果もあるようですね。体の血流がよくなることで、基礎代謝がアップして脂肪が燃焼しやすくなるようです。体か温まり体もリラックスでき自己治癒力を高めることも期待できますね。

捻挫の処置として湿布は有効か?

捻挫の処置として湿布は効果的なのか?ということですが、応急処置として使うには効果的ではありません。冷やすことが重要ですね。湿布だと思ったよりも冷やす効果が薄いです。だだし、腫れがだいぶ引いている状態や患部を使うことで少し腫れた状態にはもってこいです。

 

また、捻挫治療の腫れが引いたあとの治療法で患部を温めることを行います。その際に温シップを使うことはかなり有効になります。間違っても、腫れが酷い時期に温シップを使うことはやめておきましょう。

こんな記事も読まれています。

【注目】足首捻挫の腫れの原因は内出血か?

【注目】膝捻挫は選手生命の危機的な大怪我にも?

捻挫が治らない理由は?足首の捻挫は癖や腫れやすくなる?

捻挫を処置するには?RICEが重要!

Sponsored Links