ゴルフではかたいクラブでかたいボールを思いっきり打つので手首が痛くなったり捻挫をしたりする事も少なくありません。それらの原因は何かというと主に2つあります。

 

まず1つ目はクラブでボールを打つ時に、ボールの手前を打ってしまうからです。いわゆるダフったという状態です。ボールではなく地面をクラブで叩いてしまえば、当たり前ですが衝撃は全て手にきてしまいます。

それが芝やグリーンであればまだ衝撃も多少少なくなりますが、特に練習中地面のかたい場所でダフってしまうと、強い衝撃を受ける事になり、それが痛みにつながります。

 

2つ目にクラブでボールを打つ時に、ボールの中心ではなく上の部分を叩いてしまうからです。いわゆるチョロという状態です。

一見ボールを打っているのだから負担も少ないと思われがちですが、ボールの中心である芯を打たなければ当然ボールは硬いのでその衝撃は全て手首に返ってきてしまいます。

 

こうしたダフリやチョロなどのミスショットが痛みになってしまう大きな原因です。

Sponsored Links

痛めた手首の治療や対策はどうしたらいい?

ゴルフで捻挫

では痛めてしまった場合、どのような治療法があるのかというと、まずは何といってもゴルフを一旦中止することです。当たり前ですが、怪我をしてしまった場合は体をまずは休める事が何より大切です。

 

そして腱や、筋肉系の痛みは主に炎症が原因のことが多いので、患部をアイシングする事も効果的です。患部をしっかりと冷やしたり、湿布薬を貼って炎症を抑えるということもとても有効。また患部のマッサージも併せて行うとより効果的です。

 

手首を痛めないようにするには、どのような対策が必要なのかというと、まずはクラブの握り方を変えてみるということです。

一般的な握り方である水平にクラブを握るスクウェアグリップから、手の甲が自然と左上に向くフックグリップに変えてみると、ボールを打つ時にしっかりと固定されるので衝撃が少なくなります。

ゴルフで捻挫
フックグリップ

また、ダフリやチョロといったミスショットの可能性を低くする為に、打ち方も変えてみるというのも良いです。

 

ボールを思いっきり強く打ちこむ打ち方より、ボールを出来るだけほうきではらうように打つ払い打ちにするだけでも、ダフリやチョロのようなミスショットが少なくなり、ショットの精度も上がり負担も軽くすることが出来ます。

もっとも重要なのはスイング

ゴルフで捻挫

 

そして何より大切なのは、正しいスイングを心掛けるということです。スイングの時に、どこかフォームがおかしいから体を痛めてしまうのです。

 

アドレスから肩、肘、手の位置が正しく連動してスムーズに動かすことができれば、手首はほとんど動かす必要はありません。またテイクバック、インパクトの瞬間、フォロースルーのいずれでも手首だけに力を入れる動きは必要ありません。

 

つまり正しいスイングであれば大きな動きの中で滑らかに手首も動くだけなのでいためてしまう事はありません。痛めてしまうということは、正しいスイングが出来ていないということのあらわれであり、それを防ぐには改めてフォームチェックを行い正しいスイングを心掛ける事が何よりの対策です。

Sponsored Links