femal wrist Injury isolated on white background

サポーターって何を基準に決めたらいいか?と悩みませんか?そもそも選ぶ基準ってあるんでしょうか?たくさんメーカーがいろいろな商品を出しているので、選ぶ側からしたら困ってしまいます。

ここではどんなところに注意してサポーターを選べばいいか?について調べてみました。大きくは3つあるので、その点に注意しましょう。

1.スポーツ専用のものを選ぶ

普段スポーツをしないという人にも、スポーツ用サポーターオススメします。なぜなら、手首を動かすことを前提に作られているからです。患部を固定しながら日常生活の動きをサポートしてくれます。

そのため、日常生活で使うには十分ですね。サポートする力が強すぎる場合は、スポーツ用はやめるか、もうひと段階下のサポート力があるモノを使いましょう。

2.適度に圧迫してくれるが、締め過ぎない

サポーターの中にはホールド力がないもの、逆に強すぎるものがあります。適度な力で患部を固定するために、自分に合ったサポーターを選びましょう。実際に手にはめてみることが一番いいです。それぞれ手の形が異なるので、合う合わないが当然出てきます。

3.サポーター専門の会社が作成している物

よく目にするのが、防寒を兼用しているような、肌着に近いサポーターをされている人がいます。しかし、これは患部を固定するという意味では無意味です。サポーターの役目は患部を固定することです。やはり、専門メーカーが作っている商品がいいです。

それだけお金をかけて商品開発を行いっています。メーカーによっては商品を医療機関に卸しているところもありますね。

それだけ信頼が重要なのがサポーターです。サポーター専門企業が作成している物を強くおすすめします。それでは、実績のあるメーカーのご紹介です。

Sponsored Links

手首 サポーターソルボ

ソルボというメーカーは?人工筋肉という商品が有名なサポーター専門のメーカーです。インソールであったり、介護系の商品も開発しています。

ソルボ:ホームページはこちらから

ソルボのおすすめ製品

Do リストサポーター

このサポーターは、4つのポイントがあります

①圧力分散性の高い衝撃吸収素材ソルボセインをリストパッドに使用。

②拇指のフック形状により、拇指可動制限ができ、橈側手根屈筋腱などのトラブルに対応しています。

③リストパワーベルトにソフトで弾性力に優れたYKKクィックロンニットエラステックを採用。適度な固定力、圧迫力を実現し、手首の安定性と安静度合を高めます。圧迫力は自由に調整ができます。

④汗、ムレを抑え肌ざわりはいつもサラサラ。長時間の使用も快適です。

サイズ

Do リストサポーター (右手用) - S M

Do リストサポーター (左手用) - S M

ザムスト-ZAMST-

日本発のサポーターメーカーです。ザムストのサポーターは多くのスポーツ愛好家に支持されています。スポーツドクター、トレーナーなどケガ・障害に関する専門家から知識・助言を設計に反映しています。

さらに実際に使用するプロの選手にもヒアリングを行い、商品に反映しています。クオリティーはピカイチですね!!

ザムストのホームページ

ザムスト-ZAMST-のおすすめ製品

リストラップ

着脱が簡単にできます。2000円足らずのアイテムですが、費用対効果抜群です。ラップ式なの巻く力の調節ができるため、スポーツ、日常生活での使い分けができます。

サイズ

リストラップ (左右兼用) - M L

Sponsored Links