治らない

捻挫の応急処置は手首でも足首でも基本的には同じです。安静にして、冷やして、圧迫して、心臓よりも高い位置に患部を持ち上げておくことが有効になります。それぞれの英語表記の頭文字をとってRICE(ライス)とよく言われていますね。

Rest【安静】

Icing【冷やす】

Compression【圧迫(固定)】

Elevation【拳上】

これが原則基本となります。さらにここでは手首に特化した情報を加えながら説明していきます。

Sponsored Links

R【安静】

氷水の入った袋を用意しましょう。安静にできる姿勢をとります。机の上に腕を乗せて椅子に座りましょう。体重を預けれればベストです。患部に氷嚢を押し当てます。氷嚢がない場合にはビニール袋に氷水を入れたモノでも代用が可能です。

I【冷やす】

手首の場合は、なぜか処置をしない人を多く見かけます。コールドスプレーをかけて終わりとか。コールドスプレーは一瞬しか冷やせないので、あまり意味はありません。氷水の入った袋でしっかり冷やしましょう。

冷やしすぎで凍傷にならないようにたまに患部を見ながら冷やしてくださいね。20分を目安に冷やしましょう。インターバルを置きながら、何度も冷やすことをおすすめします。

C【圧迫(固定)】

患部に包帯などで上からキツくなりすぎないように巻いておくと良いです。あまり手首が動かないように肯定しておきましょう。手首が腫れ上がって、ジンジンとするような痛みが続くようであれば病院で診察を受けるべきでしょう。セルフケアの範囲を超えている可能性が高いです。

E【拳上】

常に心臓より高い位置に手を挙げておきましょう。そうすることで、患部への血流が悪くなるので、炎症や腫れを抑えることができます。腕がだるくなるかもしてませんが、寝転んで枕などに手を置いておけば問題ないです。その状態で、冷やすことができれば楽になります。

手首の捻挫を早期回復させるには?

治らない

捻挫は炎症を起こすので、それをいかに食い止めるかということが大切になります。要はアイシングを怠らないことです。

アイシングの基本は、20分冷やして、1,2時間後にまた冷やす。これを怪我後は48時間は繰り返す。

 

また、人間の怪我ですが自然に治癒する能力があるために修復ができます。その自己治癒能力を高めることで回復力を高めます。その最たる例が高酸素濃度カプセル。よくプロスポーツ選手が使用しているというのを聞きますね。

 

さすがに一般の人が治療で使用するにはお金がかかり過ぎます。そのため、普段の生活でできる自己治癒力の高め方をこちらの記事でまとめているのでご参照ください。

 

あくまで、これで腫れが引くわけではなく、腫れることを食い止めるだけです。誤解して48時間すれば大丈夫。というような理解はやめましょう。

これをやるだけ治りが早まることがあります。しかし、あくまで応急処置なので、その後は症状の度合いによっては病院へ向かうことをおすすめします。

手首の捻挫は応急処置が重要

治らない

捻挫は、関節に無理な力が加わって、靭帯が伸びたり、切れたりして炎症を起こす現象です。靭帯損傷=捻挫です。捻挫と靭帯損傷は全く異なるものだと思っている人がいますが、これは間違えです。

 

特に手首は、捻挫(靭帯損傷)を起こしやすい部位です。放置しておいて治るのもではなく、時間がたてば酷くなることもよくあります。早期に処置することが、早く治すための近道です。

 

また、処置したあとは決して無理をしないことです。再度使って痛めて、また腫れる。ということを繰り返すことで、癖になることがあります。そうなれば、やっかいな症状になることは間違いないです。

手首の捻挫くらい・・・ということで甘く見ない方が良いですよ。しっかり治して不自由なく動かせるように回復することを心がけましょう!

Sponsored Links