手首のサポーターに限ったことではありませんが、サポーターにはどのような状況で使えばいいか?という利用方法があります。サポート力がそれほどないサポーターでスポーツするとどうなるか分かりますよね?

そのサポーターに合った症状であるかどうか、しっかりと怪我の状態を把握してからサポーターを選びましょう。

ソルボ – コンプレッションサポーター

手首関節の回復補助に最適のサポーターです。ソルボのリストパッドが手首をやさしく包むことで、長時間の圧迫でも装着ができます。適度な運動制限を加えることで、手首の回復を助けてくれます。

コンプレッション(手首に巻く部分)を自由に調整ができ、手首関節の安定性と安静度合いがコントロールできます。間違ってもスポーツのような強い力を加えるのはやめおきましょう。あくまで、日常生活のサポートレベルと考えておきましょう。

 

このサポーターは、指かけループに親指をかけることで、簡単に巻きつけてとめるだけです。とても装着しやすいですね。ガチガチに固定はされませんが、程よい圧迫感、固定性があります。私も手首を痛めた際はこちらを愛用しています。

関連記事

⇒ 手首捻挫の応急処置は○○○○!!それってなに??

⇒ 手首の捻挫 リハビリについて

⇒ 手首捻挫の治療期間はどれくらいかかるの??

Sponsored Links