治療期間

手首の捻挫を軽く見ていませんか??

「もう痛くないし大丈夫!!」

治療期間として以下を参考にしてくだい。

  • 軽度:~14日 押すと痛むぐらい
  • 中度:14日~30日 動かすと痛む
  • 重度:30日以上 動かせない

あくまで目安ですので個人差はあると思います。

安静にすることが大事!!

手首の捻挫を早く治すには、

安静にすることが1番です。

 

無理に動かしたり、運動することは

絶対に避けてください。

腫れがある場合は「RICE法」

処置をしましょう。

回復を早めることを助けます。

 

必ず捻挫をしたと思えば

アイシングして冷やしましょう。

捻挫したばかりにどのような

治療を行うかでもそのあとの

症状の状態が変わります。

Sponsored Links

手首の治療で注意する3つのこと

1.スポーツ用のサポーターで固定すること

手首は仕事や家事で必ず使います。

生活する上で

「全く動かさない」

ということは不可能でしょう。

 

そのため、患部に多少なりの

負担をかけてしまいます。

その際に患部を固定できるサポーター

使用することをオススメします。

 

スポーツをしない人であっても、

スポーツ用のサポーターは

動くことを前提に作られているので

大変便利です。

2.無理に動かさないこと

仕事やスポーツで痛めた場合、

治療期間中に競技に戻ったり、

仕事に戻ることがよくあると思います。

 

基本的には医者に「もう大丈夫」と

言われるまでは安静にしておきましょう。

 

治りきっていない状態で動かすと、

患部を守るために変な癖がつく場合があります。

3.大丈夫!!と思い放置しないこと

上記の治療期間は、

即座に病院で診察した場合です。

 

放置していて、

痛み出したから病院へという方は、

どおしても長引いてしまう傾向があります。

 

治療期間を短くするには、

軽い捻挫でも念の為に

診察してもらうことが大切です。

 

特に、お年寄りや子供は

関節が弱い傾向にあるので

必ず医者に診察してもらうようにしましょう。

 

治療期間を短くするには、

適切な応急処置、

その後に病院へ行くことが大切になります。

関連記事

・手首の捻挫の応急処置

・手首の捻挫の治療期間

・手首の捻挫テーピング

・手首の捻挫サポーター選び

・手首の捻挫おススメサポーター

Sponsored Links