手首テーピング

手首のテーピングはとても繊細なようです。

少しのずれでも違和感を覚えることがあります。

コツを掴めば簡単にテーピングができるので、

参考にしてください。

Sponsored Links

テーピングを覚える近道とは??

テーピングを覚えるには、

専門家に聞くことが手っ取り早いです。

つまりは、病院や整骨院などで

直接テーピングの指導をしてもらうことです。

 

個人的にですが、整骨院などで

聞くほうが聞きやすいですね。

 

なんとなく雰囲気ですが、、、(笑)

軽い捻挫ぐらいなら自分で

テーピングをしたいなっという気持ちで、

当サイトをご覧頂いている人もおられるでしょう。

 

しかし、慣れない間はプロに

教えてもらうことをおすすめします。

なぜなら、自己流でテーピングをしてしまい

血流が悪くなり、血行障害を引き起こすことがあります。

 

だけれどもテーピングの巻き方を知りたい!!

という人の為に

正しいテーピングの

巻き方の紹介はしていきます!!

テーピングの巻き方

しっかり巻く場合(スポーツ)

スポーツするときは、

こちらのしっかりとしたテーピングを行います。

完治したあとでも、不安があったり、

再発防止のためにテーピング巻くのもかなり有効です。

1.手を広げてアンカーテープを巻く。

手首 テーピング4

2.アンカーテープに向けて、Xにサポートを貼る。

手首 テーピング2

3.ブリッジ+アンカーテープを貼る。

手首 テーピング3

4.全体に巻くように巻いていく

手首 テーピング

手首テーピング実演動画

手首のテーピング【簡易】

手首にテーピング【生活用】

手首捻挫のメニュー

・手首の捻挫の応急処置

・手首の捻挫の治療期間

・手首の捻挫テーピング

・手首の捻挫サポーター選び

・手首の捻挫おススメサポーター

Sponsored Links